スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

明日はないっ!

2011-06-14
 今日は苗畑です。
今シーズン、第一回除草作業。
ただの草取りと侮るなかれ・・・
約9000本の穂木の畝・・・
腰痛と根気と腰痛と・・・(笑)

 『除草は今日で終わるにしても
  薬と肥料をまくのに、もう一日かかるのぉ〜』

昼ご飯に S さんがボソっと一言。
間髪いれず

 『S さん!!明日はないんですっ!!』

と、思わず反論。
現在、安田林業に造林班はありません。
なので苗畑日は各々の現場を止めています。
梅雨の晴れ間、搬出・作業道現場にとって貴重な一日。
勿論、保育間伐現場にとっても。

 『なぁに、ワシが明日一人で来るよ。』

と、おっしゃって下さいますが
そうはいかん。
危険な仕事でないかもしれませんが、携帯の入らない現場。
熟練作業員の方と言えど、一人作業は厳禁。
う”〜ん、う”〜ん・・・どうする?どうする?・・・そうだっ!!

 『ねぇ、S さん。もし、もし今日しか苗畑に入れないとしたら
  絶対済ませておきたい仕事はなんですか?』

 『・・・そうよのぉ〜、ヒルガオ・スギナ・ヨモギは最低抜いておきたいのぉ。
  後は取った草の後始末、おぉ!肥料も絶対じゃ。』

 『分かりました。じゃあ昼から、それを優先してやりましょう。
  で、時間に余裕があったらその他の事をやりましょうよ。』

徹底的に除草する事をやめ、
穂木に巻き付くヒルガオ、ブラジルまで根が続くという(!)スギナ、
穂木より太いヨモギを二人が引っこ抜く。
一人は草の後始末をしつつ肥料をまく。
なんだ、これなら除草剤もまけそうやん・・・となり
一人は噴霧器で作業。
まぁ、慌ただしかったこと(笑)
黙々と目の前の草を抜いての一日作業より
ここまで終わらすんだと決めた作業が苗畑には断然有効に思いました。
除草隊は予定の30分前に終了!
可能な限り、その他の除草に励みました。
さすがにoptionだった、除草剤散布は全て終わらなかった。
ケド、こうなる事を狙ってた・・・(ニヤッ)
除草剤をまけど、毎年8月の第二回除草時には穂木が見えない位の草です。
まかなければ、コレ以上の草なのか?
もしかしたら、まいても、まかなくても一緒?
って、少し疑問に思いまして。
比べてみたかったんです。除草剤使用畑と未使用畑を。

 手を入れればキリがない苗畑の仕事。
何十年、当たり前に行ってきた作業のうち
絶対外せない作業は何か?案外、省いても大丈夫な作業は何か?
そこの区別をつけたい。
大ベテランの S さんがおられる今だからこそ
色んな可能性を試してみたい。

        P6140009.jpg

        by、ナカシマ アヤ
スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。