スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

一列のオソロシさ

2011-08-13
 『支障木搬出が間に合わん・・・』

作業道作設、最盛期です。
土をいじるのには天候が安定している8月が勝負。
とにかく日々1mでも距離を伸ばして行きたいトコロ・・・
そんなワケで、ゴトゥには荒堀作業に専念してもらい
作業道作設時に伐倒した支障木の搬出を行ないました。

 『今日のうちらの人件費・機械代は作業道分持ちだからねぇ♪』

日々の現場コスト、搬出分・作業道分と分けて計算しています。
支障木搬出による材売上げは作業道分の収入。
勿論、同じ現場からの材なので土場で混ざりますが
支障木分、何㎥出たかは分かる様にしています。
間伐時の様に、劣勢木を伐るのではなく
作業道作設ラインにある木を伐るので
中にはかなり良い材も混じってきます。
ヒトの売上げかと思うとなぜかコソコソ搬出してしまう(笑)
最終的には搬出分、作業道分合わせて一現場でのコスト計算になるので
出所同じなのですが(苦笑)

 『ちょっとあそこは材引き上げるのコワいかもなぁ・・・』

社長の気になるヒトコト・・・
当初の予定では勾配がキツすぎて
作設ラインを一部変更した箇所があります。
先行伐倒を事前に済ませてしまっていたので
結果、数列余分に伐倒した状況です。

        P8110013.jpg

普段は材を掴んでのグラップル旋回が場所を選ぶ程、道幅ギリギリの伐開。

・・・コノ一本、伐ったら楽なのに・・・

っと、思う事が正直何度もありましたが
『コノ一本』に守られていた事を痛感しました。
谷側に木が無い事のオソロシさよ・・・
材掴んで、谷側旋回すると傾いた気分になってしまう。

ちょっとココは普段以上に慎重な作業だねぇ〜

ゴトゥと二人、苦い顔で話ししました。
先行伐倒は状況を見つつ、常に荒堀数m先で行なってゆこうと深く反省。
道際近すぎるっ!と感じる立木を大事にしてゆかなければ・・・
この道沿い、来春植林予定です。


     by、ナカシマ アヤ







スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。