スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

一度目の搬出、二度目の搬出。

2012-06-02
『どーやったら、重機の中から曲がりが見えるようになるんだろう?』

そう思うコトが度々あります。
先日も記載しましたが、上(末)から、下(元)から・・・
一本通りに材をじっくり眺めて、はじめてチョークがいれられます。

『バチ一本、小曲4mでとって、次は直の3m。ギリギリ20cmあるな・・・』

例えばハーベスターに乗っても、こんな採材出来るようになるんだろうか・・・
搬出間伐に入って、早2年半。全て一度目の搬出間伐です。
保育間伐の際と少し選木は変わってきますが、基本は同じ。
キズ木、曲がり木、二股木・・・木肌の悪い木。
太さに関係なく、将来に影響する欠点が見つかれば伐ります。
劣勢木間伐。
そこからなんとか直材取れんかと、アノ手コノ手と悩む訳です(笑)
今日の現場、雪による根曲がり材がえっと(沢山)ある!
大曲りなら諦めもつくのですが、緩やかなカーブの小曲り。
径が太くなれば、『ココ!!』というポイントで3m直が取れるのですが
どう、採材してもほとんどが小曲り材。
そんな材に限って、シミが少なく色もしっとりしたピンク。
・・・悔しい。

ちょうどその時、下の作業道を社長が軽トラで通られました。

 『エェ具合に空いたなぁ〜!』

 『伐ればエェ山になりましたよ(笑)
  ただ、この根曲がり材の採材に苦戦してます。
  悪い木伐ってるんで仕方ないんですけど・・・。』

 『次の間伐ん時は楽よぉ。充分ハーベスター入れられる。』

・・・そっか。そーだよね。
あらためて山を見る。
良い木(将来性のある木)を残しているので比較的、皆スナオ。
イナゲな曲がり木は見当たらない。
これなら、材を上から下から行ったり来たりしなくても
重機の中からでも曲がりが見えるかも。

一度目の搬出は手造材。そこでしっかり材と戯れる。
そして二度目の搬出はハーベスター。
理想かも。


         by、ナカシマ アヤ
スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。