スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ナリワイとしての林業

2012-06-15
 現場から一日の疲れをズシッと感じて戻り・・・
事務所で『数字』をだしてさらにズシッ・・・の毎日です(苦笑)

その日搬出した材積で、㎥あたりの搬出単価を出しているのですが
明らかに材価より搬出経費が高い。
現在、初のヒノキ搬出というコトもあり
搬出単価がスギに比べ、ピョーン!!と上がっています。
先週は絶好調で¥8000/㎥を切るか!?
というトコロまでいってただけに(勿論スギ搬出ですが)
さすがに本日¥13000/㎥超えの数字を見ると
う”〜ん・・・と固まってしまいます。
ヒノキ搬出、想像以上に手こずっています。
『ロウシ病』という病気にかかった木を伐ってるコトもあり
一本伐って、15〜18cmの4mが・・・一本。
枝払って、払って・・・一本。
どんなに手間かけて出そうと一本は一本。
出せる状況ならば一本とて、やはり出したい・・・
ってついつい思ってしまうケド
『思い』だけでは出せない現実を数字が物語っています。
勿論、出る日・出ない日があって
最終的に施業地全体でクロになれば良い話しなのですが。
もっと客観的に現場全体を見据えてゆかなければ。
そんな矢先の出来事

ギリギリ作業道に届くか、届かないかの一本。
片枝だったせいもあり、伐倒に手間取るK君。
格闘すること30分。
集材、造材のグラップルが十分追いついてしまう時間です。

この一本、搬出するべきだったんだろうか?

径はソコソコあるけど曲がりがヒドい。
確かに出したい気持ちは重々分かる。
伐る事で光が入り、辺り数本の木が急に活き活き見える。
『思い』としては伐りたい。
ただ、これだけの時間をかけて一本に固執する必要があったのか・・・

 『思い』だけでは成り立たない。
  ケド、『思い』がないと続かない。
  そのバランス。


        by、ナカシマ アヤ
スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。