スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

ワタシの目標林型

2012-09-27
 最近『目標林型』という言葉を良く耳にします。
流行ってるんかなぁ〜(笑)
読んで字の如く、『目標にする林(森)の型』の事です。
最終的にどういった山に仕上げて行きたいのか・・・

『山の最終ってなんなん?』
って思ったアナタ。えぇトコに気付きましたね。
今、ワタシは人工林についてお話しています。
人工林の最終作業は『主伐』
そこに植えてある木を全て伐採し搬出する作業です。
さぁ、ではその山の『主伐』を何年後に設定するのか?
・・・60年?80年?100年??
その時期を設定する要素とは一体何なのでしょう?

①*樹種・品種
 晩生型、早生型と呼ばれていますが
 品種(その土地の気候にあった)に寄って成長スピードが異なります。
 温暖な気候の土地に植えられる早生型のスギは
 40年〜50年で伐期を向かえる品種もあるそうです。
②*最終商品
 どんな材(商品)を出荷するために植えているのか?
 柱材を取りたいのか・・・合板材用なのか・・・
 ちなみに安田山林で植えられているアテは土台用に出荷予定です。
 胸高直径24cm位を目指し、40年〜50年で主伐予定。
③地理的条件
 台風で風の通り道になる斜面や、雪害が激し箇所。
 どこもかしこも100年生の山になるかというと、そうではありません。
 その土地の地質、土質、地形なども大きく関係してきます。

この三点以外にも、様々な条件があると思います。
プランニングに置いて、この『目標林型』がとっても重要!
こういう山に仕上げたいから、今この施業を行なって
何年後にどーして・・・あーして・・・とプランを立ててゆくのです。
植え付けから50年。その後のプランニングが重要だと
社長はおっしゃいます。
その山に立って、10年後・20年後
どういう姿になっているかを想像出来るか・・・

 そんな勉強をしてる時に、フト思いました。
ワタシの目標林型ってなんだろう?
2ヶ月先、2年先の目標はあっても20年先の姿は描けているだろうか?
林業に関わっていたいという漠然とした望みはあっても
こんな風にと具体的な姿まで想像できているかなぁ〜
目標林型かぁ・・・あっ、ワタシは人型?(笑)


     by、ナカシマ アヤ  

tag :
<< 前のページへ << topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。