スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

五年目の事故

2012-09-01
 搬出現場。ダンプに荷を積み作業道を下っていました。
途中、積み足したい材があったので停車。
結構な坂、下り停車だった為
4WDの『H』(HIGH)から『L』(LOW)に切り替えギアーをバックにいれました。
グラップルに乗り換え、材を積込む。
その、下ろした瞬間でした。

トロトロトロ・・・

と、ダンプが独りでに下り始める。

!?!?!?!?

慌ててグラップルから降り、ダンプを追っかけました。
ドアに手が届き、開けるコトは出来たのですが
荷を積んだ、ダンプ。どんどん加速して行きます。
ここで飛び乗っては怪我をする・・・
そう判断し、ドアを投げ閉め手を離しました。

止まってくれ・・・

もう祈るコトしか出来ません。
そのままダンプは数メートル走り、わだちに乗り上げ大きく左にカーブ。
作業道を外れ林内へ

木にあたる・・

目を瞑りたくなる情景でした。
スゴイ衝撃音。フロントガラスの割れる音
・・・を、覚悟していました。が、

ゴツッ・・・

鈍い音がし、ダンプは止まりました。

・・・止まった!?ダンプは!?残存木は!?

残存木一歩手前で林内にあったボサに引っかかり
ダンプは止まりました。見た所外傷なし。
木も傷ついていない。
とにかくダンプが止まった事に胸を撫で下ろす。
その場にへたりこみそうになりましたが、
まだ終わっとらん。ダンプを引き上げなければ。

        P8300072.jpg

まずは社長に電話連絡。
相方K君にHELP要請。

グラップルで積んだ材を下ろし、
ダンプの下に引っかかったボサを伐り取り除く。
いつも以上に慎重に慎重にチェーンソーを動かす。
ダンプとグラップルをワイヤーで繋ぎ、引き上げる。

本当に色んな奇跡が重なり
ダンプは無傷、木は傷つかず、何より人に怪我がなかった。

事故の原因としては
『H』から『L』に切り替えた時、実際車体を動かして
確認していなかったこと。
運転席前に出る表示が切り替わった事で判断していました。
視覚だけでなく、ダンプの状態をしっかり確認してから
次の作業へ移るべきでした。
搬出作業、全ての行程をいかにスムーズに繋ぎ合わせるコトが出来るかが決め手。
でも、決して一つ一つの作業を流してはいけない。
改めて、肝に銘じました。

昨日、事務所へ戻ると車輪止めが。
社長が作って下さいました。

        P9010074.jpg

これから、搬出現場はどんどん険しくなって行きます。
恐らく必需品となるでしょう。
一に安全、二に安全。
初心忘るべからず。


        by、ナカシマ アヤ
スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。