スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

プラプラプランナー、日吉へ行く

2012-09-16
 お久しぶりです(苦笑)
激動の林業シーズンに突入しました(9月・10月)
しばし音信不通でしたが・・・元気にやってます☆

 9/11から9/14まで
森林施業プランナーのステップアップ研修へ行って来ました。
ついに、京都日吉町へ足を踏み入れる日が!!
『プラプラ〜』言ってられへんくなってきた(笑)
この研修、一事業体(森林組合)から三人一組で参加します。
経営者として社長、現場技術者として、レッド。
そしてプランナーとしてワタシ。

今まで、数多くの研修を受けさせて頂きましたが
ここまで色んなコトを考え、毎日ヘーこらなった研修は初めてです。
まだまだ『情報』がカラダの表面にへばりついている状態で
自分のモノにはなっていません。
『言葉』に直し、ココロの中へ落とし込まなければ。

毎日、一日の終わりに『ふりかえりシート』を書きました。
それを振り返ってみましょー

    〜11日(初日)〜
 ・講義『日吉町森林組合の経営』

*印象に残ったこと
 ・現場残業ナシ
 ・数字を目標にするのか?ノルマにするのか?
 ・人の集団が最大能力を発揮するのは各々がのびのびしている時。
 ・低コスト、ただコストを下げれば良い事ではない。
  良い物を安く・・・が低コスト

*帰って使えそうなこと
 ・現場で使用する重機の配置状況、使用期間を共有すること。
 ・月曜日朝のミーティング
 ・施業中に行う、コスト分析。

*気付いたこと
 完全にワタシは数字が『目標』ではなくなっていました。
 湯浅先生の口から、『数字は目標であって、ノルマではない。』
 と、伺った時。情けないけど涙が出そうでした(苦笑)
 後一台・・・後一本・・・が現場時間を伸ばし
 事務所帰り時間がどんどん遅くなって来てたのは事実。
 まさに自分達で自分達の首を締めていたんやなぁ〜
 労働時間を増やして、搬出量を伸ばしても何の意味もない。
 決められた時間内で、どれだけ搬出量を上げてゆくか。
 まさに現場(人、重機)の動かし方。
 『キミは首から上で林業することを考えろ。』
 3年前に某森林組合現場統括者の方から言われた言葉。
 フっと心に甦りました。

 施業中のコスト分析、・・・必要やなぁ。
 週単位で現場のコスト(搬出なら円/㎥)は出していますが
 かかった費用(主に人件費、機械経費)を搬出量で割っただけで
 売上げ(収入)との比較はされていません。
 収支を出すのは施業全体を終わらせた後。
 日吉森林のように、『毎日』はハードル高いけれど
 まずは何週間に一回から・・・始めてみないとな。


       by、ナカシマ アヤ 
 
   


スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。