スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

朝日地球環境フォーラム2012<準備編>

2012-10-19
 10月15日、16日。
朝日新聞社が主催する地球環境フォーラムへ参加してきました。

全体のテーマは『持続可能なくらしと社会』
二日目に行なわれるパネルディスカッション・・・
お話を頂いたのは夏前だったでしょうか?
ワタシには余りに荷が重すぎて一旦はお断りしようかと思いましたが
昨年度パネラーとして参加された田中淳夫氏の後押し(笑)
そしてコーディネーターをされた高橋さんの一言。
『あまり難しく考えないで、飛び込んでみてください。』
で、心が決まりました。
高橋さんは実際吉和へ足を運んで下さり、丸一日一緒に山を歩きながら
色んな話しをしました。
この方とだったら・・・

テーマは『豊かに生き延びるための森づくり』
登山家の田部井淳子さん、スイスで近自然学を研究されている山脇さん、
そしてコーディネーターの高橋真理子さん。
壇上に上がり、2時間のパネルディスカッション。
長いよ・・・。

 『最初の10分、自己紹介を入れ題材の主旨について思った事を
  お一人ずつ話して頂きます。ナカシマさんは、自己紹介メインの方が良いかな。
  林業関係者でない方々へ向けての言葉。
  その後は・・・流れに乗ってきて下さい(笑)』

・・・10分かぁ。
自己紹介はナントカなる。問題はその後。
今まで行なってきた仕事を通して林業の話しを膨らますか・・・
専門的な話しになりすぎず、サラっと興味を持って頂けるような内容・・・
下刈り、間伐、伐倒、造材、搬出・・・そんな専門用語は何一つ使えません。
まずは言葉を砕く作業から始めました。

 これまでのフォーラムで、
 「森を大事に」とか「林業の活性化が必要」といった主張は
 繰り返しなされています。
 もう一歩先に進むような討論をしたい、というのが私の願いです。

そんな、高橋さんからの言葉をかみしめながら。


      by、ナカシマ アヤ
スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。