スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

冬の夜

2013-02-07
 一月末、吉和に戻りました。
水道が凍り・・・玄関は雪に塞がれ・・・
を、覚悟していたのですがナンのナンの!
今年は雪が少ない年のようで、全く不自由無く暮らしております。
もうしばらくスキー場勤務時期が続くので
ワタシは昨年同様(無理を言い)木材市場勤務させて頂いてます☆

『一体、ナカシマは市場で何の仕事をしているのか?』

よく聞かれます(笑)
検寸したり(材の末口径を計る)刻印打ったり
材をフォークリフトで移動させたり。
たまぁ〜に積み込みのお手伝いしたり。
・・・あ、でも手直しして頂くので確実に仕事増やしてます(焦)
そして、大きな仕事が『造材』
現場でもないのでドウして?と思われるでしょう。

昨年もチラっと記載しましたが
市場へ入って来る材、そのまま選別出来る材ばかりではないんです。
泥だらけだったり、小口に割れが入っていたり、根張りがついたままだったり。
4m材なのに4m50cmあったり、3m90cmだったり。
ちょっと正直目を反らしたくなる状態の材も入ってきます。
もしそのまま売ったなら・・・全てチップ材行き。
一番売値も安くなってしまいます。
それでは面白くない。しかもチップ材ばかり量が増え棚が足らない始末。
少しでも高値で売る為、材の価値を上げる為『造材』しなおすのです。
小口を伐り直す、長さを揃えるだけでなく
時には4m材を3mに伐り落とすこともあります。
伐る時は少ない知識と経験をワタシなりにフル回転させ

『この材ならどこが買ってくれるだろうか?』

売り先を想像しながらチェンソーの刃を入れます。
泥付き材を伐ると、すぐチェーンソーの刃がやられます。
そして大量の伐り落とし材(根バチ含む)がゴミとなって出ます。

・・・これって山での仕事。市場の仕事じゃない。

商品をお客様にお出しする際
どうやったら売れるだろう?どうやったら買ってもらえるだろう?
それを考えるのは当然なハズ。
そこが一番大事なんじゃないのかなぁ〜
搬出材積じゃなくて。
材として、山から出したら終わりじゃない。
最終商品となってお客様の手に届く時がゴールだと思う。
そんな『当たり前』の事が『当たり前』に考えられない業種なら
一体どんな未来があるのだろう・・・?
雪降る夜に、フト思います。


    by、ナカシマ アヤ



スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。