スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

褒め言葉

2012-12-08
 昨日、安田林業忘年会でした。
毎年思うコトですが、一年アッという間だった(笑)
ついこないだ、ここで忘年会したと思ったけど
もう一年経ったんや・・・早すぎる。

取引先のN社も偶然同じ日、同じ場所で忘年会。
買い付けに来て下さる方が顔を出して下さいました。

 『・・・先日送った丸太、どうでした?』

一軒家土場(山土場)から先週積んだ一車。
いきなり社長が直球を投げる!
ワタシが凍り付く

 『丸太・・・良かったですよぉ。ホント綺麗な色が出ました。
  この丸太どこから来たんか?と、他の人から尋ねられ
  この近辺で出た丸太よ。て、いうと
  この辺りでこんなエェ丸太出るんか!?て、ビックリしてましたよ。』

あぁ、良かった。本当に良かった。
社長も満足そうな笑顔☆
N社へ送る丸太は、注文材の中でも特に気を使います。
25㎥〜30㎥貯まるのに一ヶ月半かかる位、なかなか出てこない。
勿論、一人で選別したワケではなく
少しでも不安のある丸太は毎回社長にcheckして頂き
出荷前にも確認に来て頂きます。

        PC030010.jpg

今年度、一番の課題が『山土場での選別』
昨年度までは注文材は石原土場(事務所前の土場)に一旦持ち帰り
全て社長に見て頂いてから工場へ送られていました。

 一軒家土場の管理をさせて頂きたい。

そう願い出た昨年度末。
言ったものの、まだまだ選別能力が低すぎる。
月一、市場へ通ってはスギばかり見続けました。

 『オマエに選別仕込んでも、安田林業の材はウチには
  来んじゃないかぁ〜!!(苦笑)』

と、言いながらも後ろをついて回るワタシに
皆さん、本当に色々な事を教えて下さった・・・下さってる(笑)

 『N社さんなら○○○○にひくんじゃけぇ、この丸太は大丈夫だけど
  この丸太はイケン。違いがわかるか?』

A材といっても、誰もが認める申し分ない特A材なんてほんの一握り。
とくに間伐材なので尚更。
特A材ではないA材の中でも、その丸太が何に使われるかによって
許されるわずかな欠点と、わずかでも許されない欠点とがある。
そこを把握する事が一番肝心なんだと痛感しました。
ただ、『良い材』を選ぶのではなく
注文先が求めている『良い材』を選ぶ。
新しい注文が入ると
その丸太がどんな製品になるのかを(何にひかれるのか)
社長に伺い、建築材なら
家のどこの箇所だろうか・・・と、本を広げてみます。
知識が足りなさすぎる。
小さい小屋一軒、庭に立ててみるかなぁ・・・
て思う程、知らなければいけない事が多すぎる。
ホント、この仕事終わりはない(笑)

 『これ位の丸太を頂けるのなら、
  次回、新しい注文を追加したいと思っています。』

求められている丸太を届けられた満足感。
頂いた一言で、今年の疲れが一気に吹き飛びました☆


       by、ナカシマ アヤ


スポンサーサイト
tag :
コメント:
アヤちゃん
今頃は冬ごもりかな?っていうか今日は大晦日。ご実家に帰省中かな?
とにもかくにも、一年お疲れ様でした。
今年は念願かなってお会いできたことがとてもとても嬉しく。

私ねえ、これまで一番嬉しかった褒め言葉が、

「女にしとくのがもったいねえなあ。」

これは、社長もその技術の高さには信頼を置く職場のおじちゃんに言われたことなんだけど、
この方は、うちの職場に来る前、国有林の仕事を主にしていた方で、普段は口数が少なく、いかにも職人さんて感じで、いつも何を思っているのかわからない方でした。

当時今の職場に入って3ヶ月ぐらいだったかなあ、やっぱりね「こんな仕事に女が入ってくるのは嫌なのかなあ。」とか「足手まといって思われてるのかなあ。」とか、実は人の目をかなり気にするたちの私は気が気ではなかったのでした。

それは、そんなときに突然ぼそっと言われた言葉だったのでした。
そのときはあまりに唐突だったこともあって「え?そうですかあ。あはは。」みたいな反応。

でもきましたきました、じわじわと。
その日一日、かなりにやけていた自分がいたのを覚えております。なんか初めて一人の職人として認められたような感じで。

私はこの世界に入るきっかけが、「木を読む」という一冊の木挽き職人の本でしたが、それを読んで、「私も木に関わる職人になりたい!」

だからなおさら、全然まだまだだったけど、端くれでも職人の仲間入りをさせてもらった、そんなうれしさがこみ上げてきた瞬間でした。

このことをみんなに話しても、「それって失礼じゃない?」とか言われてしまって分かってくれる人があまりいなかったけど、

私はアヤちゃんにその言葉を贈りたいと思います。
最高の褒め言葉として!

   「女にしとくのもったいねえなあ!」

そしてこういう仕事ができる男性を育ててくだされ!!

この文章、年明けにわが社の男衆(おとこしょう)に披露したいと思います。もちろん、プライドを傷つけないようにね。

アヤちゃん!来年もどうぞよろしゅうお願いいたしますね^^

よいお年をお迎えくださいませませ。



追記ですが、この褒め言葉をくださった方は、その年の秋、50歳の若さで癌で亡くなられました。もっといろいろ教えてほしかった。私の山仕事の師匠である静岡のじいちゃんもその年に亡くなった。「あと二年一緒に仕事したら一人前にしてやったになあ。」という言葉を残して・・・。

みなさまに見守られながら今の自分がいます。感謝です。
[2012/12/31 09:23] | かおるちん #- | [edit]
オーモリさん

あー!!お久しぶりです。
そしてコメント有り難うございます*
吉和に来て頂いたのはもう何年も前になりますね。
相変わらずドタバタの毎日ですが元気にやっています。
今は横浜にお住まいなんですよね。
夜明け前の北野坂を白い息吐きながら歩いた朝が懐かしいです。
オーモリさんとは又、どこかでお会いできる気がします。
その日を楽しみにしていますね*

良いお年をお迎えください。
[2012/12/29 21:41] | アヤ #- | [edit]
アヤさん、こんにちは!

今は横浜の住人になったオーモリです。
久しぶりにブログにお邪魔しました(^^)

すべての記事を読みきれないけど、
「林業女子会」やフォーラムへの参加など含め、
アヤさん、めっちゃ輝いてる~☆彡って感じがします。

今年も雪の時期はスキー場ですか?
森の仕事にスキー場・・・
どんどん日焼けして
真っ黒になっているんでしょうか?!(笑)。

頑張っている人をみると
「私も頑張ろう!」って思えます。
アヤさんのような素敵な人と知り合えてラッキーです♪

では、またね♥

オーモリ
[2012/12/18 13:54] | オーモリ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://moritakuhaibin.blog.fc2.com/tb.php/191-b480b0a6
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。