スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

『搬出間伐精算書』

2011-08-26
 昨年度から手がけ、先日ようやく終了した搬出間伐現場(9,77ha)の
『精算書』が出来上がりました。
・・・こちらもようやく(苦笑)
支出(主に人件費・機械経費)・収入(木材売上げ・補助金)を
搬出分・作業道分、別々に計算し
合算して収支を出したモノ。
結果から申しますと・・・『クロ』でした(わーい♪)
目立った要因を二つ程

①木材売上げの高さ
プランを立てた当初は¥6500/㎥で見積もっていましたが
今回搬出した材の平均単価は¥9000/㎥を越えていました。
注文材の力は大きいなぁ〜
注文材といっても、『良い材、太い材』
ばかりではありません。
末口8cm〜10cm・200本(!)の様な注文もありました。
必要な材を必要なトコロへ出荷する。
『〜な材が出てるけど、いりませんかぁ?』
と、注文を待つだけでなく社長が日々営業して下さってます。
なので注文がなくとも、めぼしい材が出た時は山土場でストック
伐ってみてシミが少なかったなど、そこの特徴を覚えておき
『注文があったらココを伐る!』という場所をなんとな〜く把握しています。

②運賃の安さ
平均単価が¥1000/㎥きっていました。
注文材分は相手方の会社が取りに来て下さるので運賃は¥0
補助金が出ていた関係もあっての値段なので
今後は¥1600/㎥位になるのではないか・・・とのコトでした。

搬出の平均単価ですが・・・¥8500/㎥
高いなぁ・・・ここをどうにか¥8000/㎥以下に抑えたい。
単純に日々の搬出材積を上げる事も重要ですが
いかに施業日数を減らすかだなぁ。
今回、2日間プロセッサー造材を行ないました。
その材だけを分けて出荷し、手造材に比べて材価がどう変化するか検証。
・・・平均単価、少しは下がりましたが、ビックリする程の差はありません。
それはそれで複雑な心境なのですが(苦笑)
というコトは、場所によっては
採材に時間をかけず、機械的に造材を行ない
ガンガン進んで行くやり方もアリなのかも・・・と思いました。

並んだ数字を眺めて、あ〜でもない・こ〜でもないと唸っております(笑)
現場での日々の工夫は勿論ですが
紙面上で、少し客観的に現場を見直し対策を練る。というのも
重要なコトなんだなぁ・・・と、
最近ようやく思えるようになりました(笑)


       by、ナカシマ アヤ
スポンサーサイト
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:
http://moritakuhaibin.blog.fc2.com/tb.php/31-aefcf3c6
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。